So-net無料ブログ作成
検索選択

本物にそっくりなスーパーカー『ダンボルギーニ』登場で話題沸騰! [エンタメ]

danbo-rugi-ni 004-3.jpg


イタリアの高級スーパーカー「ランボルギーニ」を段ボールで制作した『ダンボルギーニー』のクオリティが高くて凄いと評判になっています。

この『ダンボールギーニ』を制作したのは、宮崎県石巻市で、環境に優しく丈夫な強化段ボール製品を提案している「今野梱包株式会社」で、段ボールで再現したのは、ボディはもちろん、タイヤやエンブレムもすべて段ボール製となっています。制作に使用した部品の点数は500点からなり、設計図など書き起こしから6人で約6カ月をかけて完成させたそうです。


「今野梱包」の社長さんの今野英樹さんは、「技術力の集大成」として、今回の段ボール製の『ダンボルギーニ』を作ったと話し、少年時代からスパーカーに憧れていて「ランボルギーニ」のファンだったそうです。

2年半前には小さな模型作りから挑戦していき、最初は1/8モデル、1/2モデルと制作していき、ついに実物大モデルの完成に至った。その後、今野社長がツイッターにその画像をアップした所、あっという間に1万リツイートとなり、話題沸騰。


danbo-rugi-ni 003-1.jpg


danbo-rugi-ni 006-1.jpg


今回モデルになったのは、2011年からイタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」で製作された「アヴェンタドール LP 700-4」価格は約4,000万円。

ランボルギーニの代表作「カウンタック」からの伝統を継承し、上に跳ね上がる様に開くドアが特徴で、車体はカーボン・ファイバー強化プラスティック(CFRP)製のフル・モノコックボディこれにより高い剛性と安全性、軽量な車両重量が実現。

全長4,780mm × 全幅2,265mm × 全高1,136mmというボディ・サイズで搭載されるエンジンは排気量6.5リッターのV型12気筒。最高出力700psと最大トルク690Nmを発揮します。




スポンサードリンク




『ダンボルギーニ』制作にあたっては、ラジコンや実写画像などを参考に、細部までこだわって再現されているが、エンブレムにはこだわりがあり、「猛牛」をモチーフにしたデザインされた部分は、サングラスをかけた「乳牛」に、「ランボルギーニ」の文字の部分は「ダンボルギーニ」となっています。走ることは出来ないが、ヘッドライトにはLEDランプが付いていて点灯させることが、できるそうで、遊び心も満載となっている作品となっています。


danbo-rugi-ni 005-1.jpg


danbo-rugi-ni 001-1.jpg


残念ながらこの『ダンボルギーニ』に乗ったりする事はきないが、宮城県女川町の駅前商店街に12月23日オープンする「今野梱包株式会社」のテナント内で一般の人たちに常設展示され公開します。販売に関しては、今のところ予定はしていないそうです。


今野野社長は『ダンボルギーニ』だけではなく、段ボールでガンダムの模型を製作したり、子供向けの恐竜模型を作ったりするなど、遊び心があふれる仕掛けで若者に会社や仕事、地域の魅力を伝えようと、いつも考え楽しませています。



スポンサードリンク


タグ:自動車
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。