So-net無料ブログ作成

さかなクン、年齢が明らかに!!奥さんも何もなもいないギョーッ! [エンタメ]

sakanakun 001-1.jpg


魚類学者で東京海洋大学の名誉博士を務めるタレントのさかなクンが、12月18日TBS系で放送された『中居正広のキンスマスペシャル』に出演しました。今まで、さかなクンの年齢は、非公表で、ベールに包まれていましたが、番組の話の流れに乗って、年齢が明らかになり、バレてしまいました。


さかなクンがゲスト出演した『中居正広の金曜日のスマたちへ』に、お笑い芸人のドランクドラゴンの鈴木拓さんも一緒に登場しました。会話の中で、実は鈴木さんは、さかなクンの中学と高校の時の同級生ということを鈴木さんが告白、これまで、さかなクンと番組の共演が、なかったことを「共演拒否されてたんじゃないかと思っていました」と話すと、さかなクンは大慌てで、否定していました。

今回の初共演で、鈴木さんとさかなクンが同級性だったことが明かになり、これまで、さかなクンが非公表してきた年齢が分かってしまいました。


鈴木さんは1975年12月7日に生まれ40歳になったばかりで、単純に考えるとさかなクンも1975年4月から1976年3月の生まれで年齢は39歳か40歳になると思われます。




スポンサードリンク




鈴木さんは「年齢を公表してなかったから、なかなか俺と仕事できなかったんでしょ」とさかなくんに問うと、さかなクンは「それがあったのかもねぇ」と笑いながら答えた。

『キンスマスペシャル』の番組ないでさかなクンお鈴木さんは、一緒に通っていた神奈川県内にある母校の中学校を訪ねた。さかなクンは、生徒からの質問答えていた。

生徒から「さかなクンの年収はいくらですか」と聞かれ、さかなクンは「ギョんばったらギョんばったぶんです。要するに歩合制なのだ」と具体的な金額は避けて、答えていました。

また続けて、「さかなクンは結婚していて子どもがいるって書いてあった。本当はどうなんですか?」」という巷に広がっている噂を質問にして、ぶつけると、さかなクンは「そうだといいんですけど、ネットを信じちゃいけないギョ~!」と諭し、「赤ちゃんもいなければ奥さんもいない。なにもいないんですよ~っ」と答え、泣き真似していました。


◆プロフィール

名 前:さかなクン

本 名:宮澤正之

生年月日:1975年4月~1976年3月 

出身地:神奈川県綾瀬市 育ち

所属事務所:アナン・インターナショナル


◇略歴

・1990年 中学3年生でカブトガニの人工ふ化に成功
・1993年 高校3年生 テレビ東京「TVチャンピオン」に出場
・「TVチャンピオン」のリポーター(俳優)中村有志さんが「さかなクン」と名付けた
・日本動物植物専門学院アニマルケアー科を卒業後、寿司屋の仕事で、魚のイラストを描き評判
・ドキュメンタリー番組に出演し、魚専門のイラストレーターとサイエンスライターとして活躍するようになります
・2006年 東京海洋大学客員准教授に就任
・2010年 秋田県の田沢湖で生息し、絶滅種とされていたクニマスを西湖で発見
・2012年 海洋立国推進功労者として「内閣総理大臣賞」を受賞
・2015年 東京海洋大学から名誉博士の称号が授与



スポンサードリンク


タグ:さかなクン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。