So-net無料ブログ作成

全国週末興行『スターウォーズ』が2位スタート『妖怪ウォッチ』首位 [映 画]


youkaiuotsuchi 001-1.jpg


2015年12月19日~20日の(土・日)2日間の全国週末興行ランキングは予想に反し、子供に大人気のアニメ作品の映画化、第2弾となる『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』が初登場で第1位に輝いた。全国434スクリーン公開で、オープニングの2日間で観客動員数が97万4557人となり、興行収入が10億5780万8800円を獲得したが、前作の「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」と比べるとオープニング2日間の興行収入、16億2800万円の64.9%と下回っています。


映画『妖怪ウォッチ』は劇場前売券に妖怪メダルとカードの特典が付き最終的に102万4825枚となり、2年連続で100万枚を超える大人気。さらに入場者にも映画の最重要キャラクターのメダルがプレゼントされる事となっており、観客動員数のアップへとつながったのではと思われます。最終的に興行成績は60億円を超えそうなスタートを切りました。


第2位に輝いたのは、世界各国では記録的なオープニングの興行成績を記録している『スター・ウォーズ フォースの覚醒』です。日本では初登場で惜しくも第1位を獲得することが出来なかったが、12月18日(金)から全国958スクリーンで公開、オープニングの土日2日間での観客動員数は、80万258人で、興行収入は12億4502万3900円を上げ、興行収入では『妖怪ウォッチ』を超えています。さらにオープニング公開の3日間では、観客動員数104万4330人、興行収入16億1934万円を記録し、最終興行収入が254.8億円を記録した『アナと雪の女王』のオープニング興行収入の成績を超えています。


大ヒット作を連発してきたディズニーが配給する『スター・ウォーズ フォースの覚醒』が最新シリーズの第1弾として、首位獲得を期待されていましたが、アニメ映画が強い日本市場を象徴する事となりました。しかしながら、昨年度の正月映画に関しては年明けからディズニーの『ベイマックス』が『妖怪ウォッチ』から首位を奪って、6週連続で第1位を獲得しています。


ですから世界中でのヒット情報と観客からの評判が口コミで広がって行けば、正月向けのエンターテイメント性も含め『スター・ウォーズ フォースの覚醒』の体感型シアター4DX、MX4D、3D、IMAXといったアトラクション要素もあり、楽しみが大きく、これから年始年末に向けての興行しだいでは、『妖怪ウォッチ』を上回る可能性はあると思います。




スポンサードリンク




◆全国週末映画興行ランキング

【集計日:2015年12月19日~2015年12月20日】

第01位 「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」
・全国スクリーン:434カ所
・動員数:97万4557人
・興 収:10億5780万8800円
・初登場

第02位 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」
・全国スクリーン:958カ所
・動員数:80万258人
・興 収:12億4502万3900円
・初登場

第03位 「orange オレンジ」
・全国スクリーン:302カ所
・上映2週目

第04位 「母と暮せば」
・全国スクリーン:336カ所
・上映2週目

第05位 「007 スペクター」
・全国スクリーン:350カ所
・上映3週目

第06位 「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」
・全国スクリーン:292カ所
・上映2週目

第07位 「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」
・全国スクリーン:339カ所
・上映3週目

第08位 「杉原千畝 スギハラチウネ」
・全国スクリーン:328カ所
・上映3週目

第09位 「映画 ハイ☆スピード! Free! Starting Days」
・全国スクリーン:120カ所
・上映3週目

第10位 「海難1890」
・全国スクリーン:308カ所
・上映3週目



スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。