So-net無料ブログ作成

二宮和也、主演ドラマ『坊っちゃん』に豪華キャスト勢ぞろい! [ドラマ]


botsuchiyan 001-1.jpg


2016年1月3日にフジテレビ系から嵐の二宮和也さん主演で新春ドラマスペシャルとして夏目漱石氏の代表作『坊ちゃん』が映像化され、放送されます。明治の文豪・夏目漱石氏が亡くなってから2016年で100年という節目を迎え、21世紀に入ってから初めてのドラマとなります。


今回、主人公を演じる二宮和也さん、古田新太さん、及川光博さん、松下奈緒さん、のほかに宮本信子さん、佐藤浩市さん、小林薫さん、浅野ゆう子さん、又吉直樹さんら主要全キャストが明らかになりました。


原作になるのは、夏目漱石氏が1906年に発表された中編小説『坊ちゃん』で、漱石氏が教師時代の実体験を基に描かれた物語、今まで幾度となく、ドラマ、映画、舞台、アニメ、漫画とあらゆるメディアで、取り上げれられリメイクされてきた誰にでも知られている有名作品です。


物語は明治時代、住込みの女中さんから「坊ちゃん」と呼ばれている青年が主人公となる。短期で暴れん坊だが、ウソが嫌いで直情型の正義感をもっている型破りな江戸っ子。ある日、四国の松山の旧制中学校に数学の教師として赴任することになる。そこでの生徒や同僚の教師や松山の人々とぶつかり合い大暴れする中で、笑いあり涙ありの痛快なストーリーが展開していく作品です。


面白い事に今回のドラマの中には夏目漱石がオリジナルキャラクターとして登場しています。理由についてはプロデューサーの長谷部聡介さんは「『坊っちゃん』は夏目漱石自身が教べんをとった経験を基に書かれた小説です。もし、漱石が当時の自分たちを客観的に見ていたら、どのような感じであっただろうかと思い、この役を創ることにしました。

「実際には『坊っちゃん』は漱石が教師を辞めて随分経ってから書かれた小説ですが、若き日の自分たちを少しさめた目で観察し、松山に旋風を巻き起こして去っていく坊っちゃんに共感を抱いていたのではないか、 と想像をふくらませてみました」と明かした。


夏目漱石役の又吉さんについて長谷部さんは「漱石が坊っちゃんの下宿にいて、彼を観察していたらと想像を膨らませたところで、又吉さんの存在が浮かびました。芥川賞作家でもある又吉さんは優れた人物観察者でもあるはずです。奇妙な存在感をまといつつ、坊っちゃんに次第にシンパシーを抱いていく漱石を見事に表現してくれました」と褒めた。




スポンサードリンク




◆作品情報

新春ドラマスペシャル 『坊ちゃん』

放送日:2016年1月3日(日)

放送時間:夜9時~11時30分

放送局:フジテレビ系


◇キャスト

坊ちゃん:二宮和也

マドンナ:松下奈緒

山嵐:古田新太

野だいこ:八嶋智人

うらなり:山本耕史

赤シャツ:及川光博

狸:岸部一徳

女中の清:宮本信子

マドンナの父:小林薫

マドンナの母:浅野ゆう子

物理学校の校長:佐藤浩市

夏目漱石:又吉(ピース)


◇スタッフ

原 作:夏目漱石 小説『坊っちゃん』

脚 本:橋部敦子

プロデュース:長部聡介、小原一隆

演 出:鈴木雅之

制 作:フジテレビドラマ制作センター



スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。