So-net無料ブログ作成
検索選択

二宮和也、主演ドラマ『坊っちゃん』に豪華キャスト勢ぞろい! [ドラマ]


botsuchiyan 001-1.jpg


2016年1月3日にフジテレビ系から嵐の二宮和也さん主演で新春ドラマスペシャルとして夏目漱石氏の代表作『坊ちゃん』が映像化され、放送されます。明治の文豪・夏目漱石氏が亡くなってから2016年で100年という節目を迎え、21世紀に入ってから初めてのドラマとなります。


今回、主人公を演じる二宮和也さん、古田新太さん、及川光博さん、松下奈緒さん、のほかに宮本信子さん、佐藤浩市さん、小林薫さん、浅野ゆう子さん、又吉直樹さんら主要全キャストが明らかになりました。


原作になるのは、夏目漱石氏が1906年に発表された中編小説『坊ちゃん』で、漱石氏が教師時代の実体験を基に描かれた物語、今まで幾度となく、ドラマ、映画、舞台、アニメ、漫画とあらゆるメディアで、取り上げれられリメイクされてきた誰にでも知られている有名作品です。


物語は明治時代、住込みの女中さんから「坊ちゃん」と呼ばれている青年が主人公となる。短期で暴れん坊だが、ウソが嫌いで直情型の正義感をもっている型破りな江戸っ子。ある日、四国松山の旧制中学校に数学の教師として赴任することになる。そこでの生徒や同僚の教師や松山の人々とぶつかり合い大暴れする中で、笑いあり涙ありの痛快なストーリーが展開していく作品です。


面白い事に今回のドラマの中には夏目漱石がオリジナルキャラクターとして登場しています。理由についてはプロデューサーの長谷部聡介さんは「『坊っちゃん』は夏目漱石自身が教べんをとった経験を基に書かれた小説です。もし、漱石が当時の自分たちを客観的に見ていたら、どのような感じであっただろうかと思い、この役を創ることにしました。

「実際には『坊っちゃん』は漱石が教師を辞めて随分経ってから書かれた小説ですが、若き日の自分たちを少しさめた目で観察し、松山に旋風を巻き起こして去っていく坊っちゃんに共感を抱いていたのではないか、 と想像をふくらませてみました」と明かした。


夏目漱石役の又吉さんについて長谷部さんは「漱石が坊っちゃんの下宿にいて、彼を観察していたらと想像を膨らませたところで、又吉さんの存在が浮かびました。芥川賞作家でもある又吉さんは優れた人物観察者でもあるはずです。奇妙な存在感をまといつつ、坊っちゃんに次第にシンパシーを抱いていく漱石を見事に表現してくれました」と褒めた。




スポンサードリンク




◆作品情報

新春ドラマスペシャル 『坊ちゃん』

放送日:2016年1月3日(日)

放送時間:夜9時~11時30分

放送局:フジテレビ系


◇キャスト

坊ちゃん:二宮和也

マドンナ:松下奈緒

山嵐:古田新太

野だいこ:八嶋智人

うらなり:山本耕史

赤シャツ:及川光博

狸:岸部一徳

女中の清:宮本信子

マドンナの父:小林薫

マドンナの母:浅野ゆう子

物理学校の校長:佐藤浩市

夏目漱石:又吉(ピース)


◇スタッフ

原 作:夏目漱石 小説『坊っちゃん』

脚 本:橋部敦子

プロデュース:長部聡介、小原一隆

演 出:鈴木雅之

制 作:フジテレビドラマ制作センター

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

二宮和也&ビートたけし、ドラマ『赤めだか』の完成披露試写会を開催 [ドラマ]

akamedaka 001-2.jpg


12月24日にTBS年末のスペシャルドラマとして映像化された『赤めだか』の完成披露特別試写会が東京都・国立演芸場にて行なわれ、舞台挨拶に、主演の立川談春役の嵐・二宮和也さんと立川談志役のビートたけしさん、談春の兄弟子・立川関西役の宮川大輔さん、ほか共演者の笑福亭鶴瓶さん、濱田岳さん、北村有起哉さん、原作者の立川談春さんら豪華メンバーが、登場しました。


原作は立川談志さんの弟子・立川談春さんの自伝エッセイ『赤めだか』を映像ドラマ化し、書籍の累計発行部数22万部を超える人気作品です。

物語は立川談春さんが立川談志さんに弟子入りしてから真打ちに昇進するまでを描きいたもので、弟子仲間と苦楽えお共にしながら成長していく談春の姿や、師匠の談志の破天荒な生き方、師弟愛などを描いた作品です。


◆舞台挨拶

ビートたけしさんは、談志さんの弟子だったご自身の事を「落語は非常に好きなんですが、談志さんの弟子で唯一破門された男だと思っています。談志さんの役をやらせていただいて、いかに自分の芸が勉強不足だったなと痛感しました。プロデューサー、監督のご厚意によって、なるべく目立たない様にそぎ落としていただいて、含蓄のある作品に仕上がったことを感謝しています」と挨拶をした。

鶴瓶さんからは「お兄さんがあんたちゃんとした挨拶するから、びっくりしたわ!初めて見たわ!」とツッコミ、会場の雰囲気が笑いで和んだ。

続けてたけしさんは、「談志さんは鬼才だと思う。あまりにも落語を好きすぎて、客に愛されることを乗り越えて、落語をもう一回教え直すというような人になった。秘蔵テープなんかを聞いても素晴らしい。社会が立川談志をもっと評価していいし、もっと違う判断もあるべきじゃないかと思っている」と熱い思いを語った。

「談志役をもらった時はあまりにも役者としてのいい加減さを身に染みていて、これはまずいなと思った。やや談志さんに似ているなと言われれば御の字だと思ってやったが、とにかく自分にとっては光栄なこと」と感謝していました。

鶴瓶さんも「お兄さんも一番知っているし演じにくかったと思う。鬼才が鬼才を演じるのは難しいと思う。普段はこんな人間じゃない、こと落語に関しては、談志に関してはきっちりちゃんとハメていこうとするから、これはすごいですね」と振り返った。

談春さんも「落語ということに関してはものすごく謙虚な人」と話した。


二宮和也さんは「皆さんがこのドラマを見ても見なくても、個人自由でどちらでもいいと思うが、たまたまテレビを付けて、このドラマがやっていたら是非、見てほしいなと思います。見た方は絶対に得するし、見ないと絶対損するなと思っているので、皆さんが損しない様にと思っています」と笑い、「テレビを付けてたまたまドラマが、やっていて、たまたま感動するからこそ面白いのであって、それを醍醐味として思ってもらえれば嬉しいです」とアピールをした。


談春さんは二宮さんが自身を演じたことに「本当に、申し訳ない」と恐縮、初めての実写化となる本作のドラマを視聴し「いろいろなことが思い浮かんで、自分が作ったというのは飛んでいて、気づいたら泣いていました。談志師匠が亡くなって4年経、北野武によって談志が今なら言える伝えたいことを教えてもらった。本当に幸せに思う」と挨拶を締めくくった。




スポンサードリンク




◆作品情報

青春落語グラフィティ『赤めだか』

放送日:2015年12月28日(月)

放送時間:夜9時~11時25分

放送局:TBS系


◇キャスト


立川談春:二宮和也

立川談志:ビートたけし  

立川志らく:濱田岳

立川関西:宮川大輔

女将の娘:清野菜名

立川談かん:柄本時生

立川ダンボール:新井浩文  

寿司屋の大将:さだまさし

魚問屋の店主:柳家喬太郎  


スペシャルゲスト (出演順)

春風亭昇太:春風亭昇太

春風亭小朝:春風亭小朝

中村勘九郎:中村勘九郎

三遊亭円楽:三遊亭円楽

魚河岸の女将:坂井真紀

志らくの祖母:正司歌江

談春の父:寺島進

談春の母:岸本加世子

高田文夫:ラサール石井

立川談々:北村有起哉

立川志の輔:香川照之

林修一:リリー・フランキー
 

ナレーション:薬師丸ひろ子

ナビゲーター:笑福亭鶴瓶

ほか


◇スタッフ

原 作:立川談春 小説「赤めだか」 (扶桑社刊)

脚 本:八津弘幸

プロデューサー:伊與田英徳、渡瀬暁彦

演 出:タカハタ秀太

製作著作:TBS

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

祐真キキのwiki・プロフィール・出演『ヒーローズ』を調べました [ドラマ]


kiki 003-1.jpg


2015年の秋からアメリカNBCで放送が開始された大人気ドラマ『HEROES/ヒーローズ』の最新作シリーズ『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』に新たなキャストとして日本人の女性が抜てきされており、「ミコ」という役柄で祐真キキ(すけざね きき)さんが演じています。


海外ドラマの大人気シリーズ『HEROES/ヒーローズ』の新シリーズへのいきなりの出演が決まり、今まで無名だった祐真キキさんが、注目され一気に話題に登りました。そんな彼女は現在は26歳で、英語力は高校の留学で培い、卒業後はフリーターをして生活をしていたという異色の経歴の持ち主。

彼女は日本では、ほとんど無名で今まで女優として活躍した経歴はなく、いきなり日本を飛び越えてアメリカでデビューを飾りました。なぜ、どの様に注目の的となったのか、経歴やプロフィールを調べて見ましたので紹介いたします。


もともと彼女の夢は「ハリウッド女優」になる事で、祐真さんは「とにかく世界で有名になりたくて、日本でデビューすることはこれっぽっちも考えていませんでした。たとえ日本で有名になったとしても、すぐに世界に出られるわけじゃないですから」という考えからか、2011年の22歳の時にいきなりアメリカに単身で乗り込んで行った。もちろん彼女には、コネなどなくまったくのゼロからのスタートだったそうです。


なぜそんな決意に至ったのか、彼女も普通の女の子と同じように、小さい頃から女優やタレント、芸能人としてテレビに出たいという気持ちを抱いていた。またそのきっかけとなったのが、「小学生の時から、テレビなどで見る海外の景色や人々の暮らしに興味があったんです。特に目に焼きついたのが、アフリカなどの途上国で暮らす、恵まれない子どもたちの映像でした」と彼女は振り返る。

それから、海外のテレビドラマにも興味を持ち、英語の大切さを知り、高校生の時には、率先して留学をし、出来るだけ生きた英語に触れようと努力した。この頃は女優になりたいと言うよりも、海外で活躍したいと漠然と思っていたそうで、高校卒業後は、特定の職業につかず、フリーターの道を選び自分探をした。


そして小さい頃から印象に残っていたアフリカに旅行、その時タンザニアで出会った人道支援をしているアメリカ人に影響を受け。「この子どもたちの力になる仕事をしたい」と思うようになったという。


祐真さんは、「よりたくさんの途上国の人たちを救いたいなら私自身が知名度を高め、その影響力で多くの人に訴えればいい、そう思ったんです。実際、ハリウッドの俳優たちの中には、アンジェリーナ・ジョリーさんのほかにも社会貢献活動に熱心な人がたくさんいて、彼女らの影響力はとても大きいですから」と話しこの時、初めて自分の進む道が見えたという。



kiki 001-2.jpg


帰国後すぐに、渡辺謙さんや菊地凛子さんなど、多くの日本人俳優をハリウッドに送り出してきた俳優養成所に入学し、演技の勉強を基礎から約1年半かけて学び、「とにかく自分で動かなければ始まらない」と思いロサンゼルスへと渡った。そこでは、どんな小さな仕事も出来る事は何でもした。オーディションも受けるだけ受け年間200以上をこなした。

そんな大変な環境の中を祐真さんは振り返り、「ハリウッドを目指す俳優はみんな、そうやってスタートを切るので、特別に大変なこととは思いませんでした」と話し、

「もちろん小さな仕事ばかりで、ノーギャラの仕事もありましたが、タダでもいいから自分の『映像』が欲しかった。そうやって実績を積んでデモリール(自分の実演したアピール映像)を作らないと、大きな作品のオーディションも受けられないんです」と答えた。


アメリカでのオーディションについても「純粋に、台本が要求する演技をできるかできないか。役のキャラクターに合っているか合っていないか。基本的にはそれだけで判断されてしまうのが、オーディションです。中途半端な自己アピールなんて通用しない。本当にシビアな世界だと実感しました」と話した。


また彼女は英語はアメリカ人の発音でしゃべりたいと思い、好きな海外ドラマを何回も見直しては、好きな女優さんの英語を真似て話していたのが、今の彼女の英語力にも繋がっています。


そして今回の、『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』のキャストを勝ち取ったには、理由が、あります。それは彼女が俳優養成所時代から学んできた殺陣(たて)の知識とアクション技術が認められた。

祐真は「最初は興味本位で始めたんですが、想像以上に面白く、斬り方、斬られ方、そして死に方。すべての演技が完璧で美しく、感動ものでした。もともと運動神経が良い方ではないので、ロサンゼルに来てからも先生を見つけて練習を続けています」とその成果が実った。

『HEROES』のオーディションを受けられたのも、ロサンゼルスの殺陣の教室で知り合った知人から「ドラマで刀を使える日本人女性を探している」という話を聞いたのがきっかけで、デモリールを送りオーディションが受けることが出来、2時間という長い異例のオーデションの結果このドラマののミコ役を手に入れたのです。

合格の知らせが届いた時には、「飛び回って、わんわん泣いて、大喜びでした」と振り返り、アメリカに渡り4年間が報われた瞬間だった。




スポンサードリンク




◆『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』

ドラマの物語は超能力を突然授かった普通の人々が、地球を救うために活躍する『HEROES/ヒーローズ』シリーズは、今回の『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』の舞台は前作の5年後を描いており、テロ事件が起こり、その責任を問われた「能力者」たちは、世間から迫害される身となる。そんな中で新たに能力に目覚めた者たちが、世界を滅亡へと導く巨大な陰謀と戦う物語です。

祐真さん演じるのは、京に暮らしている物静かなオオトモ・ミコという名の若い女性の役。彼女には、ゲームの世界と現実の世界を行き来できる能力があり、失踪した父親を探して『刀ガール』というゲームのキャラクターで物語の中で重要な役割を果たしています。


今回の作品で謎を解くカギになるとされている大役にも祐真さんは、不安はなかったようで、「新人扱いは一切なし。オーディションに受かったらみんなプロフェッショナルとして同じ土俵に立てる。エキストラの方とか、セリフがひとつしかない役の人もみんなセットで仲良くなる。本当にフレンドリーですごく楽しいです」と嬉しそうに答えていました。


◆作品情報

海外ドラマ『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』

動画配信サービス:「Hulu」で独占配信中

(全13話、毎週火曜日に1話ずつ配信予定)



kiki 002-2.jpg


◆プロフィール

名 前:祐真キキ(すけざね きき)

本 名:祐真希依(すけざね きえ)

生年月日:1989年4月5日

出身地:京都府京都市

身 長:153cm

特 技:英語、アクション、殺陣

口 癖:「なるほどね~」

座右の銘:「実るほど、頭を垂れる、稲穂かな」

憧れの人:マザー・テレサ、アンジェリーナ・ショリー

好きな食べ物:チョコレート

好きな映画:「17歳のカルテ」

好きなテレビ:「ヒーローズ」なんつって。(笑)

好きな場所:実家の前

好きな色:山の色

デートで行きたい所:南国の島

動物に例えると:なまけもの

自分へのご褒美:甘いデザート、美味しい料理

子供のになりたかった職業:忍者

お弁当に絶対入れて欲しいおかず:唐揚げ

今、旅行で行きたい所:マチュピチュ


◇略歴

・高校時代にアメリカ・サウスダコタ州に1年留学
・高校卒業後、バックパッカーとしてアフリカ・タンザニアに旅行
・帰国後、俳優養成所「アップすアカデミー」に入り役者の勉強
・ハリウッド女優を目指し22歳でアメリカ・ロサンゼルスに渡る
・2015年 アメリカドラマ『HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン』 オオトモ・ミコ役
・2016年 舞台『引退屋リリー』ヒロイン役

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『沈まぬ太陽』ドラマ化で上川隆也&渡部篤郎が共演・コメント! [ドラマ]

shizumanu taiyou 001-2.jpg


2016年の春にWOWOW開局25周年記念として作家の故山崎豊子さんの傑作小説のひとつ『沈まぬ太陽』が連続ドラマ化され、全20話となる大作に俳優の上川隆也さんよ渡部篤郎さんが共演することが、明らかになりました。


作家・山崎豊子さんは、「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」といった社会派小説を今までに数多く世に送り出してきました。その中の最高傑作と言われる『沈まぬ太陽』は、累計発行部数700万部を超える大ベストセラーでありながら、主な著書の中で唯一テレビで連続ドラマ化されておらず、今回が初ドラマ化となりました。

また、アフリカ・中東での海外ロケなどかつてない規模での製作に挑み。脚本は2014年放送の大河ドラマ「軍師官兵衛」を手掛けた前川洋一さん、監督には「連続ドラマW マークスの山」「連続ドラマW 下町ロケット」を務めた水谷俊之さんと鈴木浩介さんが担当します。

そして、主人公・恩地元を演じるのは1995年に放送されたテレビドラマ「大地の子」で主人公を演じ、20年の振りに山崎豊子作品の主役に挑む上川隆也さん。さらに、そのライバル行天四郎役に「連続ドラマW 翳りゆく夏」に出演した実力派俳優の渡部篤郎さんが発表されています。


今回の連続ドラマ化では、WOWOWの連続ドラマ放送のなかでは、最も長くなる全20話で構成されています。また2009年の劇場版では描かれなかったエピソードにもふれ作品にされています。

ドラマ版での第1部(全8話)は小説の1作目と2作目の「アフリカ篇」となり、ドラマ版・第2部(全12話)では小説の3作目の「御巣鷹山篇」と4作目と5作目の「会長室篇」で構成され、ドラマの1部と2部をそれぞれ描かれる予定です。


◆『沈まぬ太陽』

1995年から発表された作家・山崎豊子さんの3編からなる長編小説で、日本航空に関わってきた人物の体験に基づき脚色され、フィクション社会派作品として描かれた作品です。2009年には、渡辺謙さんを主演に迎え映画では3時間22分という大作で披露されています。

人間の生命に係わる航空会社の社会理念を表現した作品で、モデルとなったのは、日本航空とその元社員である小倉寛太郎、そして単独航空機事故として史上最悪の死者を出した日本航空123便墜落事故などを、題材にされていて、実在する複数の人間がモデルに描かれたと推測される作品。




スポンサードリンク




◆ストーリー

◇第1部『アフリカ篇』

国民航空の労働組合委員長として経営陣と対立した結果、アフリカへ左遷させられた、ナイロビ営業所に勤務する恩地を中心として描かれた物語で、アフリカへの左遷に耐える中母親と決別し、家族とも別れる事になった経緯と現在の状況が、ストーリーとなっています。


◇第2部『御巣鷹山篇』・『会長室篇』

10年の左遷生活に耐えアフリカから帰国した恩地。そんな中、御巣鷹山で「国航ジャンボ機墜落事故」が発生、救援隊・遺族係へ回された恩地は、奔走する。遺族係として大阪に赴任していた恩地は東京に呼び戻され、国見が新設した「会長室」の部長に抜擢され、今度は会社組織の改革に奔走し始める。その前に立ちはだかるのは、国民航空の腐敗の温床となった人物、その背景と黒幕が描かれ対決する。


◆コメント

◇上川隆也さん

「私の人生を大きく変えることになった『大地の子』の作品の放映から20年が経ちました。自らも50代に入り、一つの大きな節目を迎えたこの時に、山崎先生の作品に携わる機会を得られた事に、何とも申し上げようもない御縁を感じます。感謝と共に驚きを禁じ得ません。虚心坦懐、臨みたいと思います」と話した。


◇渡部篤郎さん

「山崎豊子さんの作品に出演させて頂くことは、大変光栄な事だと、感じております。素晴らしい原作を映像化する事は、非常に困難な作業になると思いますが、多くの原作ファンの方に、納得して頂けるよう、楽しんで頂けるよう、心を込めて演じさせていただきます」と意気込みを話した。


◆作品情報

連続ドラマ『沈まぬ太陽』

放送日:2016年春

放送局:WOWOW


◇キャスト

恩地元:上川隆也

行天四郎:渡部篤郎


◇スタッフ

原 作:山崎豊子 小説『沈まぬ太陽』

脚 本:前川洋一

監 督:水谷俊之、鈴木浩介

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

堀北真希、主演ドラマ『ヒガンバナ』で豪華女性キャスト勢ぞろい! [ドラマ]

higanbana 001-1.jpg


2016年1月より日本テレビ系でスタートする連続ドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』に女優堀北真希さんが主演することが明らかになりました。

今作品は、2014年10月に放送されたスペシャルドラマ『ヒガンバナ~女たちの犯罪ファイル~』を連続ドラマに仕上げパワーアップさせた物語で、堀北さんは日本テレビでの連続ドラマ主演は初挑戦となります。前作のスペシャルドラマを引き継いだ設定で、主人公の来宮渚役を堀北さんが務め、極めて高い共感能力で、事件に係わる重要人物とシンクロさせ、事件現場に残る声を聞くことができる特殊能力を持った異色刑事を演じます。


物語は女性の犯罪者および被害者対策を目的に組織化された、非公式機関、警視庁捜査七課。美しくも猛毒を持つ花として知られる「ヒガンバナ」と揶揄される一癖ある、外見は美しいが、男性刑事を出し抜く個性的な女刑事の面々が難事件解決に奔走する。

堀北さん以外のキャストも続投されており、「ヒガンバナ」メンバーには檀れいさん、知英さん、高梨臨さん、YOUさん、七課課長に大地真央が起用され、佐野史郎さん、市川知宏さん、TKOの木本武宏さん、高橋恵子さんらも出演します。


主人公の渚は日常生活でも他人の声が聞こえてしまうために、人から受ける余計な感情をシャットアウトするためにヘッドフォンを常に身につけており、他人との交流を避ける一匹狼で超マイペースな性格。

しかし、ヘッドフォンを外すと、被害者や加害者の事件発生時の強烈な感情とシンクロしてしまって気絶してしまう事になる。そこで、渚がつぶやく「事件現場に残る声」がキーワードとなり事件解決の糸口になる。




スポンサードリンク




◆堀北真希さんのコメント

「『ヒガンバナ』が来年1月に連続ドラマになって帰ってきます!」

「私が演じる来宮渚は、結構ズバズバものを言うキャラクターなので、歯に衣着せない本音のセリフを気持ちよく言えたらいいなと思っています」

「また、今回の連続ドラマで、前回のスペシャルではあまり詳しく描かれなかった渚の過去にも、焦点が当たり、『渚がなぜ、シンクロ能力を身に着けたのか?』という謎がだんだん明かされていくのも見どころです」

「女性ばかりの華やかな現場ですごく自分的には居心地がよかったので、また共演者の皆さんに会うのが楽しみです。本当にパワーアップした内容で皆さんにお届けできると思うので、ぜひ楽しみにしていてください!」


◆作品情報

連続ドラマ『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』

放送日:2016年1月期 毎週水曜日

放送時間:22:00~23:00予定

放送局:日本テレビ系


◇キャスト

来宮渚:堀北真希(幼少期:阪口雫)

峰岸雪乃:檀れい

長見薫子:知英(ジヨン)

伊東凛:高梨臨

柳幸子:YOU

瀬川すみれ:大地真央


三上勉:杉本哲太

黒田吾朗:木本武宏

東野和也:市川知宏


河井百合子:高橋惠子

進藤勇蔵:佐野史郎

菊池謙人:DAIGO


◇スタッフ

脚 本:徳永富彦、池上純哉、松本美弥子、荒井修子、ほか

音 楽:菅野祐悟

チーフプロデューサー:伊藤響

プロデューサー:鈴間広枝、尾上貴洋、湯浅典子

演 出:大谷太郎、湯浅典子、松永洋一

制作協力:AXON

製作著作:日本テレビ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『ふなっしー』がドラマに初主演!探偵役に挑戦で楽しみなっしー! [ドラマ]

funatsushitantei 001-1.jpg


2016年1月7日にフジテレビでスペシャルドラマ『ふなっしー探偵』の放送が明らかになりました。ドラマの題名から解る様に、千葉県船橋市の非公認ご当地キャラとして、テレビやイベントに大活躍している梨の妖精・ふなっしーが初主演し、探偵に扮します。

物語の設定では、ゆるキャラのふなっしーには世間には知られていない裏の顔があり、代々警察官の家系である平塚家に秘かに協力して、今まで、数々の難事件を解決してきたという事になっています。


共演者には、ふなっしーと相棒を組む刑事・平塚平助役をお笑い芸人アンジャッシュの児嶋一哉さん、平助の上司の刑事課長役に、「痛快TV スカッとジャパン」で話題のイヤミ課長こと馬場課長の木下ほうかさん。

そのほかに強力な助っ人として、ご当地ゆるキャラが大集合、ちっちゃいおっさん(兵庫県尼崎市)やちょうせい豆乳くん(日本豆乳協会)などの人気ゆるキャラたちが登場し「FNS(ふなっしーネットワークシステム)」 を結成して、ふなっしー探偵の捜査をサポートします。


◆ストーリー

物語は、東京都内の多数の場所で、連続爆破事件が発生する。警察には30年前に爆弾事件を起こした「地獄のスノーマン」と名乗る犯人と思われる人物から爆破予告の脅迫状が届いていた。

実は30年前に起きた「地獄のスノーマン」による爆弾事件は、ふなっしーと、当時相棒を組んでいた平助の父・平八郎が、唯一犯人を捕まえられなかった事件であった。

警察署には宅配便でスノーマン柄の箱が届き中にはタブレットが、そこには大規模な爆破予告と暗号が表示され、犯人のスノーマンから暗号解読の指名を受け、平助とふなっしーは協力して暗号解読に挑み、事件解決に奮闘する姿を描いていく。果たして二人は爆破を阻止し、犯人を捕まえることができるのか?


ふなっしーとちょっと頼りないけど正義感あふれる相棒、平助のコミカルなやり取りと熱い友情、そしてふなっしーの体当たりのアクション演技も見どころです。子供たちの笑顔と日本の平和を守るため、全力で犯人に立ち向かうふなっしーの名探偵ぶりを楽しみにして頂きたいと思います。




スポンサードリンク




◆コメント

◇ふなっしー

「本当に、これやるのかな?と素朴な疑問から始まったなっしー」

「いよいよふなっしー主役でドラマをやるまでフジテレビ追い詰められたんだと思ったなっしー(笑)」

「跳び蹴りとか回し蹴りとか、リハーサルで格闘シーンを練習させられたので、梨ながらアクションシーンが楽しみなっしー」

「夢あり冒険あり謎解きあり!家族一緒にお正月に見てほしい、なっしーなっ!」


◇児島一哉さん(アンジャッシュ)

今回のドラマについて「ふなっしーの相棒が児嶋というのも『コレやばいな』と思いました(笑)でも台本を読んだらすごく楽しくて、親子で楽しめる内容になっています」とコメント。

共演者については「ふなっしーは突っ込みが鋭くて、初めてなのに掛け合いがすごくうまくいきました。僕とふなっしーの新鮮なコンビも楽しみにしていただきたいです」とアピールしていまいた。


◆作品情報

スペシャルドラマ『ふなっしー探偵』

放送日:2016年1月7日(木)

放送時間:19時57分~21時54分


◇キャスト

ふなっしー
児嶋一哉(アンジャッシュ)

松下洸平
木戸邑弥
永瀬匡

田鍋謙一郎
浜谷健司(ハマカーン)
バービー(フォーリンラブ)
ゆいP(おかずクラブ)

田中奏生
清水伸
大野瑞生
高野光希

ちっちゃいおっさん
ちょうせい豆乳くん
ノッポン兄弟
カパル
ぐんまちゃん
戸越銀次郎
 
木下ほうか


◇スタッフ

企 画:情野誠人(フジテレビ)

プロデュース:深野和伸(共同テレビ)森安彩(共同テレビ)

脚 本:政池洋佑

演 出:吉村慶介(共同テレビ)

制 作:フジテレビ、共同テレビ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

香取慎吾、主演『家族ノカタチ』で水原希子・共演キャスト決定! [ドラマ]

kiko mizuhara 001-2.jpg


2016年1月よりTBS系で放送される香取慎吾さん主演の連続ドラマ『家族ノカタチ』に追加のキャストが発表されました。共演者には、水原希子さん、荒川良々さん、千葉雄大さん、柳原可奈子さん、中村アンさん、水野美紀さんという俳優陣の出演が明らかになりました。

今作品は、文具メーカーに勤める主人公の独身のこじらせ男子・永里大介役に香取慎吾さん、バツイチのヒロイン・熊谷葉菜子役に上野樹里さん、大介の父親・永里陽三役に西田敏行さん、葉菜子の母親・熊谷律子役に風吹ジュンさんと実力派の俳優たちが脇を固めています。


今回、明らかになった水原さんの役柄は、上野さん演じる葉菜子の会社の部下として働く新人・田中莉奈やくを務めます。縁故入社したお嬢様で、仕事に対する情熱もなく、遅刻を注意されただけで出社拒否をする問題社員、葉菜子や大介とぶつかり合いながら、徐々に人間として成長を遂げて行く。


そのほか、大介の同期で婚活をしている佐々木彰一役に荒川良々さん、大介の後輩で、何でもそつなくこなす入江春人役に千葉雄大さん、葉菜子の同期で良き理解者でもある山根さとり役に芸人の柳原可奈子さん、スポーツジムで働く美人トレーナー・梢あや役を中村アンさん、さらに、大介の父親・陽三役の西田敏行さんの再婚相手となる永里恵役を演じるのが水野美紀さんが、それぞれ務めます。




スポンサードリンク




◆コメント

◇水原希子さん

今回ドラマに参加することに「この作品に参加させて頂ける事がとても嬉しく思います。主演の香取さんとはバラエティ番組でご一緒した事があり、明るくて気さくな方だな、というイメージです。ただ、まだまだ謎な部分が多いので、さぐりさぐりご一緒させて頂ければと思います(笑)」と話した。

「上野さんとはお会いした事がありませんが、出演されている映画やドラマは沢山拝見し、とにかく独特な空気感を持ってらっしゃる方だなと感じています。そんな上野さんの商社ウーマン姿も想像がつかなくて、とても楽しみですので、緊張はしますが、足を引っ張らないように頑張りたいと思います」


今回の役柄について「一般常識がないのは自分とリンクするところかもしれませんが(笑)。私自身も帰国子女なので、人と感覚が違う事に驚いた経験があります。この感覚は私と莉奈がまさに通じあうところですので、そういう意味で彼女の気持ちを凄く理解出来る部分があるんです」と話し、共感していました。


「色々なことを経験した上で、想いあえる家族が素敵。ぶつかり合うのではなくて笑い合える家族が私の理想です。このドラマは全体的に明るいトーンで進んでゆくので、視聴者の皆様もきっと笑って楽しんで頂けるホームドラマになると思います」とアピールしていました。


◆作品情報

連続ドラマ『家族ノカタチ』

放送日:2016年1月期

放送局:TBS系 日曜劇場


◇キャスト

永里大介:香取慎吾

熊谷葉菜子:上野樹里

田中莉奈:水原希子

佐々木彰一:荒川良々

入江春人:千葉雄大

山根さとり:柳原可奈子

梢あや:中村アン

永里恵:水野美紀

熊谷律子:風吹ジュン

永里陽三:西田敏行


◇スタッフ

脚 本:後藤法子

監 督:平野俊一ほか

プロデューサー: 韓哲、佐藤敦司

製 作:ドリマックス・テレビジョン、TBSテレビ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

広瀬すず&成宮寛貴がドラマ『怪盗 山猫』で亀梨と初共演・コメント [ドラマ]

kaito yamaneko 004-1.jpg


「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演のドラマ『怪盗 山猫』が2016年1月より日本テレビ系の土曜ドラマ枠でスタートします。主人公の怪盗「山猫」を亀梨和也さんが演じ、初となる共演で、天才女子高生ハッカーに広瀬すずさん、「山猫」に翻弄される雑誌記者を成宮寛貴さんが、それぞれ演じます。

原作は作家・神永学の「怪盗探偵山猫」シリーズ(累計発行部数50万部)が初の実写化になった作品で、天才怪盗の「山猫」が窃盗を働くと同時に、相手の悪事も暴き、世間に暴露するという痛快エンターテイメント。


広瀬さんが演じるのは、同級生からのいじめにあっているが、実は天才的なハッキングの才能を持つ女子高生ハッカー・高杉真央。しかし父親の悪行を手助けするために、その才能を利用されてしまうことなっえしまう。

また、成宮さんが演じるのは「山猫」の事件を追いかけ始めた雑誌記者・勝村英男約で、記者としての平凡な生活を送る中で、ある日突然、亀梨さん演じる「山猫」本人が目の前に現れ「俺の特集を書け」と言われ、一緒に行動し記事を書く羽目になる。


◆コメント

◇広瀬すずさん

役柄について「自分がハッカーを演じるというのは、いまは違和感しかなくて(笑)、インターネットで『ハッカーって?』って調べちゃいました。でも、真央はブレない芯のある子なので、そういうところは私も近いものを感じています」と話した。

共演者の方につては「亀梨さんも成宮さんも、今回が『初めましてに』なります。亀梨さんには、とてもキラキラしたイメージがあり、お芝居もすごく好きで、TVでずっと見てきた方です。真央から見た山猫も、『憧れ』というか『すごい人だな』という印象だと思うので、私のイメージそのままで、いいのかな、と思っています」と答えた。

「成宮さんは、私がお芝居を始めて、勉強のためにDVDをすごく見ていたときに映画『ドロップ』のお芝居を拝見して本当に衝撃的でした。いろいろ盗みたいです、盗みます!(笑)」

「大先輩たちに囲まれてお芝居ができるので、とにかく先輩の芝居を見てないフリをして、めっちゃ観察しようと思ってます(笑)」と笑顔で話していた。


◇成宮寛貴さん

今作品で共演される方について「亀梨さん、広瀬さんとは、今回初めて、ご一緒させていただきます。亀梨さんは僕の中ではすごくミステリアスで、とても真面目な方という印象です。2人でのセリフの掛け合いも多いので、どんな化学反応が起きるか楽しみにしています」

続けて「広瀬さんは、まさに今をときめく女優さんですよね。芝居にも体当たりで臨むんじゃないかと思うし、きっとすごく負けず嫌いな方なんじゃないかな、とか、勝手に予想しています(笑)」と楽しそうに話した

役柄については「『山猫』のことを知ろうとして、精神的にも実際にも、逆に取り込まれていってしまう男という感じですね。『チーム山猫』の中で、勝村は唯一、普通の人なので、皆さんに作品を見ていただく窓口としての役も果たせればと思います」と意気込んだ。




スポンサードリンク




◆作品情報

土曜ドラマ『怪盗 山猫』

放送日:2016年1月16日より 毎週土曜日

放送時間:21:00~21:54

放送局:日本テレビ系


◇キャスト

山猫:亀梨和也
・神出鬼没の怪盗ヒーロー

高杉真央:広瀬すず
・天才ハッカー

勝村英男:成宮寛貴
・山猫を追う雑誌記者

関本修吾:佐々木蔵之介
・信念で「山猫」を追う

霧島さくら:菜々緒
・「山猫」捜査班の新人刑事

宝生里佳子:大塚寧々
・チーム「山猫」の謎の美女

藤堂健一郎:北村有起哉
・カリスマ・キャスター


◇スタッフ

原 作:神永学 小説「怪盗探偵 山猫」シリーズ

脚 本:武藤将吾

チーフプロデューサー:伊藤響

プロデューサー:福井雄太、下山潤(日活)

演 出:猪俣隆一、西村了、小室直子

制作協力:日活

製作著作:日本テレビ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

亀梨和也、主演で『怪盗 山猫』がドラマ化・キャスト決定! [ドラマ]

kaito yamaneko 003-1.jpg


2016年の1月16日より日本テレビ系でスタートする『怪盗 山猫』に主演の「KAT-TUN」の亀梨和也さんが神出鬼没の天才怪盗を演じ、成宮寛貴さんは雑誌記者役、広瀬すずは女子高生の天才ハッカー役として亀梨さんと行動をともにし、警察から緊急手配される事になってしまう。今回の作品で、初共演となる三人のどの様な演技で物語にどんな息吹を与えていくのか楽しみです。


ドラマ『怪盗 山猫』

原作は、大人気シリーズ『心霊探偵 八雲』を手掛けた作家・神永学さんの小説『怪盗探偵山猫』シリーズを基に初めて映像化されたもので、2006年に初めて『山猫』が文芸社から発刊。その後角川文庫から『怪盗探偵山猫』と改名され発刊され、シリーズとして現在でも執筆され、累計発行部数が50万部を超える人気ミステリー作品です。


主人公の山猫は、鮮やかな手口で大金を盗み出し、しかも盗みの対象となる人物の悪事を暴き、まるで何事もなかったようにその場を消え去る天才的な怪盗です。盗みに入る前には、徹底的にターゲットを調べあげ「盗むべき価値」が有るのか、無いのか判断を常にし、決定している。異色の大怪盗で、生意気な言動や、ひょうひょうとした態度で大胆不敵な行動をとり、全くつかみどころのない性格をしている山猫だが、時折見せる冷徹な視線の奥に、彼の本質が垣間見られる。彼は、いったい何者なのか物語が進むにつれて明らかに!?


◆コメント


亀梨さんは今回のドラマにつて「映画並みの派手なアクションになると思います。コンサートやミュージカルで何度もフライングを体験してきたので、怖さはなです。むしろ楽しみ」とアクションが多くなることを示唆し、「皆さんの大切な時間をいただくために、身も心も怪盗になっていきたい」と意気込みを語っていました。


原作者の神永学さんは、「原作よりも面白くすること」を条件に映像化を承諾しており、「私からの挑戦状を嬉々として受け取ってくれた猛者たちが、どんな作品を創り上げるのか、誰よりも楽しみにしているのは、私自身かもしれません」とワクワクした様子で答えた。


福井雄太プロデューサーは「何を考えているのか分からないのに、なぜか愛されてしまう隙のある人物であり、そして何より『やると決めた時』には絶対に外すことのない絶大な信頼感。それが山猫。その『雲のようにつかめず、隣にもいそうな』愛すべき主人公を演じて頂くには、これ以上のない方をキャスティングさせて頂いたと思います」

また「劇中で起こるのは、亀梨さんの皆さんが見たことがない表情や行動の連続。皆さん、土曜の夜にどんなニューヒーローが現れるか、是非お楽しみにしてください」 とアピールしていました。




スポンサードリンク




◆作品情報

土曜ドラマ『怪盗 山猫』

放送日:2016年1月16日より 毎週土曜日

放送時間:21:00~21:54

放送局:日本テレビ系


◇キャスト

山猫:亀梨和也
・神出鬼没の怪盗ヒーロー

高杉真央:広瀬すず
・天才ハッカー

勝村英男:成宮寛貴
・山猫を追う雑誌記者

関本修吾:佐々木蔵之介
・信念で「山猫」を追う

霧島さくら:菜々緒
・「山猫」捜査班の新人刑事

宝生里佳子:大塚寧々
・チーム「山猫」の謎の美女

藤堂健一郎:北村有起哉
・カリスマ・キャスター


◇スタッフ

原 作:神永学 小説「怪盗探偵 山猫」シリーズ

脚 本:武藤将吾

チーフプロデューサー:伊藤響

プロデューサー:福井雄太、下山潤(日活)

演 出:猪俣隆一、西村了、小室直子

制作協力:日活

製作著作:日本テレビ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ『マネーの天使』で小籔千豊と片瀬那奈がダブル主演!! [ドラマ]

money tenshi 001-1.jpg


2016年1月7日から読売テレビ・日本テレビ系ドラママネーの天使 ~あなたのお金、取り戻します!~』が放送がスタートします。今回、明らかになった出演者にはお笑い芸人の小藪千豊さんと女優の片瀬那奈さんのお二人がダブルで主演を務めます。

また小藪さんはドラマに初主演、そして片瀬さんは、民放の連続ドラマでは、初主演とそれぞれが挑戦します。小藪さんは「お芝居の、お話を頂く時、メチャメチャ演技ヘタやけど、それでも良いかかどうか確認してくれってマネージャーにいつも言うんです」と意外にも心配性のところを見せていました。


◆ドラマ『マネーの天使 ~あなたのお金、取り戻します!~』

この作品は、昔も今も絶えることのない金銭トラブルを題材に、昨今の巧妙な詐欺の手口や悪質で根深い金銭トラブルを取り上げたり、さらには、深刻化する「オレオレ詐欺」にも焦点を当て、悪を懲らしめ、今まで取り返せなかったお金を必ず取り返す勧善懲悪ドラマです。


◇ストーリー

ドラマの舞台は、「銭の町」大阪。とあるメキシコ料理店の店長・栗原理佐は、弁護士を目指して猛勉強。過去に大きな金銭トラブルに巻き込まれた経験があり、それらを救おうと店の中に金銭トラブルの相談窓口を設置し、お金の問題で困っている人を助けている。無職だが、超お人好しで超真面目な竹内茂が、店長の理佐と出会って以降、理佐たちを手伝い一緒に様々な金銭トラブルに立ち向かい奮闘する物語。


◆コメント

◇小藪千豊さん

「今回は心の広い監督さんがヘタでもいいということだったので、やらせてい頂くことになりました」と説明した。

またドラマの見どころは「世の中バカ正直な人が損をしたり、悪い奴がのし上がったり、真面目な人に良いことが必ず起きるとは限らない現実社会なので、このドラマでは正義が勝って、皆がスカッとしたら良いなと思います」とコメント。

「基本的に吉本新喜劇のお仕事を一番とさせて頂いておりまして、主戦場はバラエティです。ですから自分の専門外のお仕事のときは、ほかの仕事よりも真面目にやらせていただきます。周りの方々は本当に素晴らしい出演者の方ばかりですので、ぜひともご覧ください」とメッセージを送っていました。




スポンサードリンク




◇片瀬那奈さん

今回の作品での見どころは「会話劇なところです。今回の小藪さんの役は、わりといつもの小藪さんじゃない雰囲気で、私の方が強いので、逆なんです。それが楽しみです(笑)」

「いつもの小籔さんで来られたら、ケチョンケチョンにされるんでしょうけど、今回は私がケチョンケチョンにできると思うので楽しみにしています(笑)」と笑顔で答えた。

「大小にかからわず、お金のことで困っていつ人は多いでしょうし、不条理というか、ちゃんとしてくれない人も世の中すごく多いと思うので、このドラマをみて、こんなことでも解決できるんだと希望を持ってくれたり、前向きな気持ちになって、くれたら良いなと思っています」と気持ちを伝えた。


◆作品情報

プラチナイト木曜ドラマ「マネーの天使 ~あなたのお金、取り戻します!~」

放送日時:2016年1月7日スタート (毎週木曜) 23:59~24:54

放送局:読売テレビ・日本テレビ系


◇キャスト

竹内茂:小籔千豊

栗原理佐:片瀬那奈

菅原円:葵わかな

井上アリス:矢倉楓子(NMB48)

武蔵川華子:藤田みりあ(フェアリーズ)

若林理子:中野公美子

郷原健太:永瀬匡

殿村賢一郎:竹中直人


◇スタッフ

脚 本:森ハヤシ

演 出:長江俊和

音 楽:MONACA

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。