So-net無料ブログ作成
演 劇 ブログトップ

乃木坂46の生田絵梨花が『リボンの騎士』で夢のミュージカル女優に [演 劇]

erika ikuta ribon 003-1.jpg


赤坂ACTシアターで、なかよし60周年記念公演ミュージカル『リボンの騎士』の公開ゲネプロが開催され、主演を務める乃木坂46の生田絵梨花さんが登場しました。

1953年に手塚治虫さんが少女漫画向けに描いた『リボンの騎士』が少女漫画「少女クラブ」で連載が始まり、1963年にはが少女漫画「なかよし」でリメイクされた作品が、その後1967年からは、テレビアニメ化され国民的な漫画・アニメとして認識されている作品です。

今回、生田さんが演じるのは、天使のいたずらによって、男の心と女の心と2つの心をもって王女として生まれてきたが、王位継承権の問題で、王子として育てられた主人公のサファイア役です。


◆生田絵梨花さんのコメント

「ファンタジーですので、衣装もそうですが舞台上のセットだったりと全部が見て楽しいです。私もお客さんとして見たい世界観なので、お客さんと共有できるかと思うとワクワクしています」と嬉しそうに話した。


今回の役柄については「サファイアの絵は気付いたら知っていたぐらい有名で。アニメは私のおばあちゃんも観ていました。幅広い世代の方が知っている作品なので、緊張とプレッシャーがあります」と話しました。


生田さんは幼少期からミュージカルの舞台に憧れており、以前から、ュージカル女優になる事が目標であり夢と話していた。乃木坂46でアイドルとして活躍しながら、2014年10月にはミュージカルの「虹のプレリュード」で主演を果たし、将来の夢のミュージカル女優への第一歩をふみだしていた。


その事についても「去年よりパワーアップしたと皆さんに思ってもらいたい」と話し、着実にステップアップしている様子。「虹のプレリュード」に続いて演出・振り付けを担当して頂く上島雪夫さんも「幕が上がってから、豹変するのが楽しみ」と生田さんの実力に期待していました。


また、この舞台の見どころは「女の心と男の心で人格が変わる、スイッチの切り替えが見どころだと思います」と答え、実際にサファイヤの心の演じ分けは見事にこなしていました。

続けて「単純に男、女というだけではなく、その狭間で揺れ動くシーンを表現しようともがきました」とサファイヤの表情や声質、動作、そして心の葛藤までも何とか表現しようと苦悩した様子。またミュージカル向きの歌唱力には定評があり、生田さんの凛とした演技でサファイヤを舞台上での存在感を示していました。


舞台上で演じる殺陣は「はじめは剣の持ち方も、収め方も分からなかったんですが、筋肉のある男性陣に男の動きを教えてもらって、観られるようになったと思います」と笑顔で答え、「リアルに見せるより、綺麗に見せることを心がけました」と女性ならではのサファイヤの動きを考えて演じたそうです。




スポンサードリンク




◆公演情報

なかよし60周年記念ミュージカル『リボンの騎士』

◇東京(全10公演)

公演日:2015年11月12日~11月17日

公演場所:赤坂ACTシアター


◇大阪(全7公演)

公演日:2015年12月3日~12月6日

公演場所:シアターBRAVA!


◇スタッフ

原 作:手塚治虫『リボンの騎士』

演出・振付:上島雪夫

脚 本:浅井さやか

音 楽:かみむら周平

企画協力:手塚プロダクション

主 催:Y&N Brothers、ネルケプランニング、サンライズプロモーション大阪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

乃木坂46生田絵梨花&桜井玲香ミュージカル『リボンの騎士』に出演 [演 劇]

ribon no kishi 004-1.jpg


漫画の巨匠・手塚治虫氏が1953年も「少女クラブ」にて連載、後にリメイク版が1963年「なかよし」に連載された少女漫画の先駆け的存在の『リボンの騎士』がミュージカルとして現代に復活しました。

主人公のサファイア役には乃木坂46の生田絵梨花さん、恋敵のヘケート役には乃木坂46のキャプテンを務める桜井玲香さんをを迎え「なかよし」60周年記念として公演します。


◆『リボンの騎士』

手塚治虫氏が幼少の頃に親しんだ宝塚歌劇団の影響を強く受けており、ある日、舞台を観ていた時に娘役だった人がたまたま男役を演じたことをヒントに主人公のサファイアを考えついたという。

当時の少女漫画としては初めての戦う少女のキャラクターであり、現代でいうと、変身ものやコスプレ、ツンデレ系の先駆けであったのではないかと思います。

1697年4月にはフジテレビ系でアニメ化されており、もちろん製作を手がけたのは、虫プロダクションで、放送は全52話となります。


◇ストーリー

天使のいたずらで、男の心と女の心2つの心を持って生まれてきた主人公サファイアは、女の子なのにシルバーランドの王子として育てられる。成長した彼女は隣国のフランツ王子に恋をし、2つの心の間で気持ちが ゆれ動く。わが子を国王にともくろむ大公たちの陰謀も知らずに、即位式の場で自分が女の子である事を告白するサファイア。

国外追放の身となったサフェイアは、危ないところを海賊ブラッドに救われ、「リボンの騎士」となって王国にはびこる悪と戦う事を決意。

一方、魔女の館では、おてんば娘のヘケートを立派な魔女にするために、ヘル夫人がサファイアから「女の心」を抜き取ろうと手ぐすねを引いて待っていた。中世のヨーロッパを舞台にしたファンタジー作品。


◆生田絵梨花さんコメント

生田さんに今作品を聞くと「『リボンの騎士』は誰もがその名を聞けば、あのキャラクターを思いう浮かべる 事かできるくらい、広い世代に有名な作品です。なので、それを自分が演じるのは、とても緊張します」と今の心境を話した。

「マンガを知っているみなさんのイメージを、壊さないように大事にしたいという想いもありますし、舞台だからこそ表現できることや、いま舞台で行える意味を考えて、現代に通じる何かを伝える事ができたらと思っています」と抱負を語った。




スポンサードリンク




◆キャスト

サファイア:生田絵梨花(乃木坂46)

フランツ王子:神永圭佑

海賊ブラッド:青木玄徳

プラスチック:赤澤燈

王妃:池田有希子

王:香取新一

乳母:野口かおる

博士:千代田信一

天使チンク:神田愛莉

ヘル夫人:はいだしょうこ

ナイロン卿:根本正勝

ジュラルミン大公:八十田勇一

ヘケート:桜井玲香(乃木坂46)


◆公演情報

なかよし60周年記念ミュージカル『リボンの騎士』

◇東京(全10公演)

公演日:2015年11月12日~11月17日

公演場所:赤坂ACTシアター


◇大阪(全7公演)

公演日:2015年12月3日~12月6日

公演場所:シアターBRAVA!


◇スタッフ

原 作:手塚治虫『リボンの騎士』

演出・振付:上島雪夫

脚 本:浅井さやか

音 楽:かみむら周平

企画協力:手塚プロダクション

主 催:Y&N Brothers、ネルケプランニング、サンライズプロモーション大阪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

人気コミックス『ワンピース』と『スーパー歌舞伎』が融合! [演 劇]

super kabuki 001-2.jpg


2015年10月7日に初日を迎えた「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『ワンピース』」が公演をスタートしました。

この演目は歌舞伎俳優の四代目・市川猿之助さんが演出・主演、横内謙介さんは脚本・演出を務める。 今や国民的人気マンガ「ONE PIECE」(ワンピース)が原作で、現代アニメの世界と歌舞伎がどの様に融合するのか、注目されています。

一回の公演が休憩込で約5時間に及ぶ長編大作でチケットはすでに一等席以外完売という人気ぶりです。2016年来春の大阪公演も決定しています。


◆漫画『ONE PIECE』 とは

原作は漫画家・尾田栄一郎さんのマンガ『ONE PIECE』で1997年7月より「週刊少年ジャンプ」で連載を開始され、コミックスの累計発行部数は現在、日本国内で3億2000万部を超えている。海外35カ国以上ので流通し、海外でのコミックスの累計発行部数は6000万部と絶大なる人気を誇っています。1999年10月にはテレビアニメ化されていて、こちらも大人気となっています。


◆「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『ワンピース』」とは

日本固有の伝統芸能である歌舞伎の様式に人気マンガの『ONE PIECE』という現代的な要素とコラボレーションし、演劇界に新しいジャンルを切り開いた作品です。

『ONE PIECE』の壮大で魅力あふれる世界観を、四代目市川猿之助さんが「スーパー歌舞伎Ⅱ」の舞台で新しい命を吹き込みます。

今回の歌舞伎はルフィが兄と慕うエースが登場するコミックの51巻から60巻で描かれている「頂上戦争編」が物語の舞台で、猿之助さんは原作をあまり知らないまま舞台を制作しており「大変難しい試みだと思います。歌舞伎役者がワンピースを演じると、こういう表現になると、いうところを見せて行きたいです」と語った。


◆あらすじ

大秘宝ワンピースを探す大いなる公開の次なるステップ、新世界への入り口となるシャボンディ諸島での海軍との戦いの中で、麦わらの一味は散り散りになってしまう。一人になったルフィは兄エースの処刑宣告の知らせを聞き、救出に向かう。

侵入不可能の海底監獄を突破するルフィだが、エースは海軍本部に移送されてしまった後、そしてついにその海軍本部を舞台に、エースを救おうとする麦わらの一味たちと海軍との間で壮絶な決戦が繰り広げられる。




スポンサードリンク




◆猿之助さんのコメント

この歌舞伎「スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』」は壮大な構想で斬新な演出が盛り込まれており、セットがすごすぎて大道具さんが1週間家に帰れないぐらいの力の入れようで、演目中に登場する「女ケ島(にょうがしま)」「インペルダウン」「ニューカマーランド」「サウザンドサニー号」など色々なセットが用意されています。

猿之助さんは「演目の完成度は90%で、残りの10%は観にきてくれたお客さんと一緒になり完成します」また「海外や若者たち歌舞伎を知らない人に向けて発信していきたいです」と意欲を話した。

また猿之助さんの演じるのは主人公のルフィ、シャンクス、ハンコックと一人三役を担当しており重要で個性豊かな役どころで、その表現をどの様になるのか楽しみです。猿之助さんは「とにかく早着替えが重要で、時間が勝負。間に合わない事もあるので、そこの所がギリギリで非常にきわどい」と見どころを話した。

衣装についてもこだわりを見せていて「ルフィの衣装の定番はTシャツに短パンに麦わら帽という服装ですが、衣装さんにお願いして、同じ赤でも衣装替えの時は全て異なるデザインで作って頂いています」と話した。


◆公演情報

歌舞伎「スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』」

劇 場:東京都・新橋演舞場

日 時:2015年10月7日~11月25日 午前の部 11時~ / 午後の部 16時30分~

主題歌:RUAN 「TETOTE」 作詞・作曲 北川悠仁(ゆず) 

※2016年3月1日~25日 大阪松竹座で公演



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

乃木坂46が舞台『すべての犬は天国へ行く』にメンバー8人出演 [演 劇]

subete no inuwa tengogoku he yuku 001-2.jpg


2015年10月1日より東京都内のAiiA 2.5 Theater Tokyoにて乃木坂46のメンバー8人が出演する舞台『すべての犬は天国へ行く』が上演されます。

『すべての犬は天国へ行く』は「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」 別名 KERA(ケラ)が2001年に脚本・演出し、劇団「ナイロン100℃」が演じた西部劇をモチーフにしたシリアス・コメディーの最高傑作です。


物語は西部の町の古びた居酒屋が舞台となっおり、男たちが殺し合いの果てに一人残らず死に絶えてしまい、もはやお店にくるお客はおらず、途方にくれる女たちは、ただお酒を飲んで過ごす、二階の売春宿も商売は上がったりで、やがて、奇妙な町のバランスは女たちをひとり、またひとりと蝕んでゆく、女性だらけの異色西部劇。




スポンサードリンク




◆出演者

◇乃木坂46

生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、斉藤優里、桜井玲香、新内眞衣、 松村沙友理、若月佑美


◇その他出演

鳥居みゆき、東風万智子、猫背椿、柿丸美智恵、ニーコ、山下裕子


◇アンサンブル・キャスト

甚古萌、音華花(ex. ナト☆カン)、榎本美鈴、谷松香苗、伊藤桃花、山田琴美


◆舞台情報

舞 台:『すべての犬は天国へ行く』※全18回公演

公演日時:2015年10月1日(木)~10月12日(月・祝)

会 場:東京都 AiiA 2.5 Theater Tokyo

料 金:全指定席 7800円

先行販売:2015年9月15日まで受付中

一般発売:2015年9月26日(土)10:00スタート


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
演 劇 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。